ピカピカ乳歯のためのポイント

こんばんは。ピヨコです^^

 

今日は、赤ちゃんの歯の磨き方のお話をするよ。

 

赤ちゃんの歯をむし歯から守るには、やはり歯みがきです。

 

歯が生え始めた頃は、ガーゼを指に巻いてやさしく汚れをふき取ってあげます。

 

1歳をすぎた頃には、奥歯が生えてきます。この頃から、寝かせ磨きをはじめます。

 

すべての乳歯が生えそろった頃には(2歳くらい)、最初は自分で磨かせ、仕上げはパパ・ママが寝かせ磨きをしてあげます。

 

これを、1日3回してあげることで、ブラッシングの習慣づけをしていきます。

 

寝かせみがきのときは、なるべくお子さんに声をかけながら、リラックスして楽しくおこなってください。

 

テレビなどの気が散るようなものは全て消して、お子さんと2人っきりの大切なスキンシップの時間にしましょう。

 

磨くときに気をつけることは、上唇と歯ぐきがつながっている部分(真ん中の筋)にあたらないようにすることです。

 

一度痛い思いをすると、寝かせ磨きを嫌がる原因になります。

 

歯全体を注意深く観察し、もしも白い斑点のように見えるところがあったら、むし歯の始まりかもしれないので、すぐに歯医者さんに受診してくださいね。

 

子どもにとって、パパ・ママは一番の歯医者さんです^^

 

今日の晩ごはんのあとは、親子のスキンシップタイム!楽しんでくださいね!

コメントを残す