味覚障害に注意を

こんにちは。ぴよこです。(*^_^*)

雑誌や新聞、書籍から得たお役立ち情報を、

ぴよこがわかりやすくまとめて

「ピヨコの歯っぴぃ情報録」として配信しています。

あなたの生活に役立つヒントになれば嬉しいです♪

「ピヨコの歯っぴぃ情報録」

味覚障害に注意を(中部経済新聞 2017年1月24日より)

耳鼻科を受診した患者さんの統計データによると

味覚障害患者が年々増えているそうですが、

他科の受診者や医療機関を受診していない方までを含めると

実際には、もっと膨大な数になると考えられています。

これは高齢者の増加が一つの要因とされ

健康な高齢者の3分の1には味覚障害があると言われています。

加齢とともに塩味などの味覚の感受性が落ちる上に

服用する薬剤の中には味覚障害や口渇などの副作用があるものが多く

また、味覚障害を直接引き起こすアルツハイマー型認知症や

脳機能障害、糖尿病などを発症している方も多いことが理由と考えられています。

味覚障害患者の94%には口腔乾燥や舌炎、カンジタ症などの

口腔症状が見られ、歯科で診てもらう必要があります。

味覚障害は、唾液量を増やすことで改善される場合があるので

十分な唾液を出すためにしっかりと咀嚼することが大切です。

◇味覚障害の自己チェック表(該当が一つでもあれば味覚障害の疑いあり)◇

   ○ 食べ物の味が感じられない。食べ物の味が変わった。

   ○ 口の中に食べ物がなくても常に味がする。

   ○ 最近、食欲がなく、食べる量が減った。

   ○ 口が渇き、食べ物がパサパサして食べにくい

   ○ 食べ物がうまく噛めない

<のんびりぴよこの一口コメント>

味覚障害には重大な病気が隠れている場合があるということなので

上記の自己チェック表で、一つでも当てはまる項目がある方は注意が必要ですね。

味に鈍くなったのは加齢のせいと決めつけたりして軽視せずに

症状がある場合は専門機関での受診をお薦めします。

✿こちらもみてくださいね✿

●桜川歯科医院HP(フェイスブックも掲載中!)  http://www.sakuragawa-dent.jp/

●医科・歯科連携プロジェクト  http://www.sakuragawa-shika.jp/

●石川佳和先生のビブデントブログ   http://vibdent.sakura.ne.jp/

●桜川歯科医院akoのブログ(ぴよこ担当♪) http://ameblo.jp/dsakuragawa/

✿医療法人 愛和会 桜川歯科医院✿ 

〒030-0945青森県青森市桜川三丁目14番17号
電話 017-743-6881

病気リスク職業で差

こんにちは。ぴよこです。(*^_^*)

雑誌や新聞、書籍から得たお役立ち情報を、

ぴよこがわかりやすくまとめて

「ピヨコの歯っぴぃ情報録」として配信しています。

あなたの生活に役立つヒントになれば嬉しいです♪

「ピヨコの歯っぴぃ情報録」

病気リスク職業で差(日本経済新聞 2017年2月9日より)

職業によって病気のかかりやすさに違いがあることが

集団健診のデータ解析から明らかにされました。

福島県立医科大学が全国健康保険協会福島支部と協力し

メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)発症の業種間格差を調べたところ

男女とも、農協などの複合サービス事業で高いという結果となり

デスクワーク中心で運動不足に陥りがちなことが原因であると考えられています。

また、岡山大学と愛知学院大学が共同で、名古屋市内で歯科検診を受けた男女の

職業ごとの歯周病の発症リスクの違いを調べた結果

男性では運輸・通信従事者が最も高く、

長時間労働や精神的なストレスの高さが原因と考えられ、

女性の場合は、口腔衛生に対する意識の高さの表れからか

職業による違いはみられませんでした。

上記のように職業間で発症リスクを比較できるようになったのは

2008年に始まった特定健診・保健指導制度の成果の一つですが

調査に当たっては、個人個人の仕事内容まで詳しく把握されておらず

全ての人に当てはまるとまでは言えないそうです。

<のんびりぴよこの一口コメント>

国民の健康診断の結果が今後さらに集積され、もっと膨大なデータとなっていけば

その解析の結果はおのずと正確性が増してゆくと思われます。

そして、いずれは調査の内容も

個人個人の状況を把握したものとすることが可能になっていくと想定され、

今後、それを活用した健康長寿のための有効策が詳細に打ち出されて

私達国民に迅速に還元されるというフィードバックが樹立することを期待したいですね!

✿こちらもみてくださいね✿

●桜川歯科医院HP(フェイスブックも掲載中!)  http://www.sakuragawa-dent.jp/

●医科・歯科連携プロジェクト  http://www.sakuragawa-shika.jp/

●石川佳和先生のビブデントブログ   http://vibdent.sakura.ne.jp/

●桜川歯科医院akoのブログ(ぴよこ担当♪) http://ameblo.jp/dsakuragawa/

✿医療法人 愛和会 桜川歯科医院✿ 

〒030-0945青森県青森市桜川三丁目14番17号
電話 017-743-6881

口腔ケア

こんにちは。ぴよこです。(*^_^*)

雑誌や新聞、書籍から得たお役立ち情報を、

ぴよこがわかりやすくまとめて

「ピヨコの歯っぴぃ情報録」として配信しています。

あなたの生活に役立つヒントになれば嬉しいです♪

「ピヨコの歯っぴぃ情報録」

口腔ケア(神戸新聞 2016年11月28日より)

口腔ケアは、うがいや歯磨き、入れ歯の清掃、舌や粘膜の清掃などの「口腔清掃(口の掃除)」と

口周囲の筋肉の運動訓練、せき払い訓練、のみ込み訓練、発音・構音訓練などの

「口腔機能回復(口の持つ能力の回復)」のことをいいます。

食事に時間がかかるようになったり、飲み込む時にむせてしまうようになったりした方には

「口腔清掃」と「口腔機能回復」の二つを組み合わせた口腔ケアがとても有効です。

また、口腔ケアは、①自分自身で行うセルフケアと②歯医者さんで行うプロフェッショナルケア

にも区分できますが、両方のケアを心掛けることがとても大切です。

①自分自身で行うセルフケア

 ・適切な歯の清掃用具を使いきれいに清掃する。

 ・バランスのよい食事をする。

 ・顔や口をよく動かし、うまくのみ込むようにする

②歯医者さんで行うプロフェッショナルケア

 ・適切な口腔清掃のアドバイスを受ける。

 ・セルフケアでは出来ない部分を清掃してもらう。

<のんびりぴよこの一口コメント>

健康に生きていくには栄養面でバランスのよい食事が大切ですが

口腔内に問題があっては、ままなりません。

そのためにも「口腔ケア」を重視して

日々自分自身で行うべきことは、日々丁寧に行い

後は、定期的に歯のプロフェッショナルである歯医者さんで

しっかりと診てもらうことがとても大切ですね!

✿こちらもみてくださいね✿

●桜川歯科医院HP(フェイスブックも掲載中!)  http://www.sakuragawa-dent.jp/

●医科・歯科連携プロジェクト  http://www.sakuragawa-shika.jp/

●石川佳和先生のビブデントブログ   http://vibdent.sakura.ne.jp/

●桜川歯科医院akoのブログ(ぴよこ担当♪) http://ameblo.jp/dsakuragawa/

✿医療法人 愛和会 桜川歯科医院✿ 

〒030-0945青森県青森市桜川三丁目14番17号
電話 017-743-6881

口内炎

こんにちは。ぴよこです。(*^_^*)

雑誌や新聞、書籍から得たお役立ち情報を、

ぴよこがわかりやすくまとめて

「ピヨコの歯っぴぃ情報録」として配信しています。

あなたの生活に役立つヒントになれば嬉しいです♪

「ピヨコの歯っぴぃ情報録」

口内炎(日刊ゲンダイ 2016年11月9日より)

口内炎は口の中や舌の粘膜にできる炎症で、原因によって

いくつか種類があります。

①アフタ性口内炎

最も多く見られるタイプで、赤く縁どられた1cm未満の

丸くて白い潰瘍ができ、複数発生することもあります。

原因は明確にはなっていませんが、ストレスや疲労による免疫力の低下、

睡眠不足、ビタミンBの欠乏などが考えられます。

②カタル性口内炎

アフタ性と違って、はっきりした境界線がなく赤くただれたようになります。

入れ歯が接触したり、頬を噛んだり、

熱湯や薬品などの刺激で傷ができて起こります。

③ウイルス性口内炎

粘膜に水疱ができて、それが破れてびらんができます。

単純ヘルペス(口唇ヘルペス)や、梅毒、淋病、クラミジアなどの

性感染が原因です。

④ニコチン性口内炎

煙草の吸い過ぎで起こります。

⑤カンジタ性口内炎

口の中に白いコケ状の斑点ができます。

口の中に常在するカビの一種であるカンジタ菌が原因です。

 

心配のないタイプの口内炎は2週間以内に自然と治りますが、

自分で出来る応急処置として、ビタミンB製剤の服用や

水やお湯でのうがい、市販の口内炎薬の使用などが挙げられます。

うがい薬でのうがいは、殺菌・消毒はできても

粘膜の細胞の修復を遅らせてしまうという欠点があるので

うがいは水やお湯でも十分ということです。

<のんびりぴよこの一口コメント>

上記のように口内炎にも様々な種類がありますが

一般の方にはなかなか見分けがつかないようです。

2週間程様子をみても治らない場合、

口腔扁平苔癬(こうくうへんぺいたいせん)という

前がん病変の恐れも考えられるそうなので、

早めに専門機関で診てもらうことをお薦めします。

✿こちらもみてくださいね✿

●桜川歯科医院HP(フェイスブックも掲載中!)  http://www.sakuragawa-dent.jp/

●医科・歯科連携プロジェクト  http://www.sakuragawa-shika.jp/

●石川佳和先生のビブデントブログ   http://vibdent.sakura.ne.jp/

●桜川歯科医院akoのブログ(ぴよこ担当♪) http://ameblo.jp/dsakuragawa/

✿医療法人 愛和会 桜川歯科医院✿ 

〒030-0945青森県青森市桜川三丁目14番17号
電話 017-743-6881

誤飲しても安心 障がい者支える歯磨き粉

こんにちは。ぴよこです。(*^_^*)

雑誌や新聞、書籍から得たお役立ち情報を、

ぴよこがわかりやすくまとめて

「ピヨコの歯っぴぃ情報録」として配信しています。

あなたの生活に役立つヒントになれば嬉しいです♪

「ピヨコの歯っぴぃ情報録」

誤飲しても安心 障がい者支える歯磨き粉(スポーツニッポン 2016年10月28日より)

口腔ケア商品の歯磨き粉などに使用されている

往来の口腔抗菌剤は、石油類などを原料とした合成物が多く

虫歯や歯周病の原因となる菌を殺菌する効果は高くても

吐き出しがうまくできずに間違って飲み込んだ場合は、

人によっては腹痛を起こすなど体調を崩すことがあり

高齢者や小児への使用に心配という声がありました。

そこで、開発されたのが「オーラルピース」という口腔ケア製品。

おからの植物系乳酸菌が作る抗菌ペプチドや

ウメ果実エキスなど天然由来の食品添加物だけを使用しています。

誤飲しても胃腸で消化され、血中で分解されるため

健康を害する心配がないそうです。

製造・販売する手島社長は、末期がんで入院した父親の介護の体験から

誤飲しても安心できる製品の必要性を実感し開発に乗り出したそうです。

また、自身の長男に障がいがあることからも

全国的な問題でもある「障がい者の経済的自立の困難さ」に目を向け、

「障がい者就労施設」における障がい者の仕事の創出のために

製品の出荷・販売を施設に委託しており、

障がい者就労問題の解決に貢献しようと取り組んでいます。

<のんびりぴよこの一口コメント>

健康志向の高まりからも、自然由来の製品には

今後さらにニーズが増えそうですね。

ぴよこがこの記事に注目したのは、その製品の優秀さは勿論ですが

「障がい者就労問題」に対し真摯な眼差しで取り組み

有効手段を講じた手島さんの実行力のすごさに感動したからです。

障がいのある方や、そのご家族の方々の悩みの解決に繋がる

このような話題が今後さらに増えるといいですね(*^_^*)

✿こちらもみてくださいね✿

●桜川歯科医院HP(フェイスブックも掲載中!)  http://www.sakuragawa-dent.jp/

●医科・歯科連携プロジェクト  http://www.sakuragawa-shika.jp/

●石川佳和先生のビブデントブログ   http://vibdent.sakura.ne.jp/

●桜川歯科医院akoのブログ(ぴよこ担当♪) http://ameblo.jp/dsakuragawa/

✿医療法人 愛和会 桜川歯科医院✿ 

〒030-0945青森県青森市桜川三丁目14番17号
電話 017-743-6881

子供に広がる体の異変

こんにちは。ぴよこです。(*^_^*)

雑誌や新聞、書籍から得たお役立ち情報を、

ぴよこがわかりやすくまとめて

「ピヨコの歯っぴぃ情報録」として配信しています。

あなたの生活に役立つヒントになれば嬉しいです♪

「ピヨコの歯っぴぃ情報録」

子供に広がる体の異変(日刊ゲンダイ 2016年10月20日より)

現代の子供達に身体的な“異変”が起こっていると言われています。

日本小児歯科学会の調査によると

1本以上の永久歯が生えてこない子供は10%以上にもなり、

東京にある八重洲歯科クリニックの木村院長は、数年前から、

「子供の歯が生えかわらない」という相談を受けることが増えたと語ります。

このような症状になる理由として

「埋伏歯」という、永久歯が歯茎の中で止まっている場合と

「先天生欠損歯」といって、乳歯の下にあるべき永久歯の卵がない場合が考えられますが

最近では、後者に該当する子が増えているそうです。

特に表れやすいのが、「第二小臼歯」で、

しかも、片側だけが欠損していることが多く、

上下左右の噛み合わせが悪くなるために、顎関節を痛めてしまい、

勉強や仕事に集中できなくなってしまう程にストレスを生じさせます。

「先天生欠損歯」の原因としては、

妊娠時の栄養不良や服薬の副作用が考えられますが、

明確にされていない部分も多いそうです。

先天性の欠損があると、乳歯喪失後の歯並びや噛み合わせに問題が起き、

10代でブリッジやインプラント

部分入れ歯となってしまうケースまであるそうです。

<のんびりぴよこの一口コメント>

原因がはっきりとしていないということから

予防という手段を講じることはできませんが、

子供の成長の様子で何か異変を感じたら

まずは、専門家の方に診てもらうことが大切です。

上記のような「片側だけの欠損歯」の影響は体全体にまで及び、

放置すると、ずっと辛い症状に悩まされることになるそうなので、

早めに気づいて対処してあげたいですね!

✿こちらもみてくださいね✿

●桜川歯科医院HP(フェイスブックも掲載中!)  http://www.sakuragawa-dent.jp/

●医科・歯科連携プロジェクト  http://www.sakuragawa-shika.jp/

●石川佳和先生のビブデントブログ   http://vibdent.sakura.ne.jp/

●桜川歯科医院akoのブログ(ぴよこ担当♪) http://ameblo.jp/dsakuragawa/

✿医療法人 愛和会 桜川歯科医院 

〒030-0945青森県青森市桜川三丁目14番17号
電話 017-743-6881

鼻水の放置 中耳炎の原因

こんにちは。ぴよこです。(*^_^*)

雑誌や新聞、書籍から得たお役立ち情報を、

ぴよこがわかりやすくまとめて

「ピヨコの歯っぴぃ情報録」として配信しています。

あなたの生活に役立つヒントになれば嬉しいです♪

「ピヨコの歯っぴぃ情報録」

鼻水の放置 中耳炎の原因(読売新聞 2016年12月16日より)

風邪などで鼻水が出るのに、自分で上手に鼻をかめない子供に

かみ方をどう教えたらいいかと困っているお母さんが多いそうです。

鼻水は、鼻から吸い込んだ空気に湿り気を加えるために分泌されますが、

細菌やウイルスなどの異物が入ってくると

それを流し出すために、量が増えます。

この鼻水を軽く考えて放っておくと、

鼻づまりで呼吸ができなくなり、集中力がなくなったり

口呼吸になることで喉を痛めてしまいます。

そして、鼻水を溜めておけば、鼻の中で有害な細菌などが繁殖し

それが中耳に入り込み中耳炎を引き起こす場合があります。

幼い子供が自分で鼻をかめるように、目安としては2歳を過ぎたら

親と一緒に練習するといいそうです。

正しい鼻のかみ方は、片方の小鼻を押さえてもう一方をかむなど、

片方ずつ小刻みにそっと行うという方法で

強くかんでしまうと、耳が痛くなったり、

鼻血がでたりするので注意が必要です。

<のんびりぴよこの一口コメント>

鼻水がでるのに、かまずに放っておくとよくない理由は、

上記のように健康を害することがあるからなのですね。

子育てをされている方は、

きちんと「かむ」を習慣つけることの大切さを理解して、

しっかりと子供に教えてあげたいですね。

鼻水に粘り気があり黄色や緑だったり

鼻詰まりがひどく頭痛がするなどの症状がある場合は

副鼻腔に細菌が侵入して炎症を起こしている「副鼻腔炎」も考えられ

慢性化すると手術が必要になることもあるそうなので

早めに耳鼻科で診てもらうことをお薦めします。

✿こちらもみてくださいね✿

●桜川歯科医院HP(フェイスブックも掲載中!)  http://www.sakuragawa-dent.jp/

●医科・歯科連携プロジェクト  http://www.sakuragawa-shika.jp/

●石川佳和先生のビブデントブログ   http://vibdent.sakura.ne.jp/

●桜川歯科医院akoのブログ(ぴよこ担当♪) http://ameblo.jp/dsakuragawa/

✿医療法人 愛和会 桜川歯科医院✿ 

〒030-0945青森県青森市桜川三丁目14番17号
電話 017-743-6881

歯ぎしりは悪くない?

こんにちは。ぴよこです。(*^_^*)

雑誌や新聞、書籍から得たお役立ち情報を、

ぴよこがわかりやすくまとめて

「ピヨコの歯っぴぃ情報録」として配信しています。

あなたの生活に役立つヒントになれば嬉しいです♪

「ピヨコの歯っぴぃ情報録」

歯ぎしりは悪くない(日刊ゲンダイ 2016年11月1日より)

「歯ぎしり」は、成人の5~8%程がその発症を自覚し、

さらに本人が気づいていない分を含めると、実はかなり多くの人にみられる症状です。

口腔内悪習慣と呼ばれ、

「起床時に顎が疲れる、歯にくさび状のひび割れが生じている

上顎や下顎に骨の盛り上がりがある」場合は

体全体に不調を招く悪い「歯ぎしり」となりますが、

一方で、以下のような良い働きをしているという面もあります。

①ストレス解消・・・ノンレム睡眠中に、日常生活の不快感を緩和・消去

②脳の発達・成長を促す・・・脳への刺激や血流を増やす

③逆流性食道炎を防ぐ・・・反射的に唾液が出るので胃酸が中和される

しかし、ひどいと歯への負担がライオン並みにもなると言われているので

明らかに健康を害している悪質な「歯ぎしり」の場合は

早急に専門家に相談する必要があります。

<のんびりぴよこの一口コメント>

「歯ぎしり」は小児にもよくみられる症状なのですが、

見ること聞くことが新しい「発見だらけの世の中」に適応しようと頑張って、

ストレスを生じさせている部分もあると考えられるので

内面的なサポートにより心を満たしてあげることで

改善が期待できるかもしれません。

大人の場合はストレス解消のために飲酒して、

その飲酒がさらに「歯ぎしり」の原因になっている場合があるそうなので

別のストレス解消法を見出すことが大切です。

また、逆流性食道炎に関しては、高い効果のある内服薬もあるので

消化器内科で診てもらうことをお薦めします。

✿こちらもみてくださいね✿

●桜川歯科医院HP(フェイスブックも掲載中!)  http://www.sakuragawa-dent.jp/

●医科・歯科連携プロジェクト  http://www.sakuragawa-shika.jp/

●石川佳和先生のビブデントブログ   http://vibdent.sakura.ne.jp/

●桜川歯科医院akoのブログ(ぴよこ担当♪) http://ameblo.jp/dsakuragawa/

✿医療法人 愛和会 桜川歯科医院✿ 

〒030-0945青森県青森市桜川三丁目14番17号
電話 017-743-6881

喫煙で肺の遺伝子変異

こんにちは。ぴよこです。(*^_^*)

雑誌や新聞、書籍から得たお役立ち情報を、

ぴよこがわかりやすくまとめて

「ピヨコの歯っぴぃ情報録」として配信しています。

あなたの生活に役立つヒントになれば嬉しいです♪

「ピヨコの歯っぴぃ情報録」

喫煙で肺の遺伝子変異(読売新聞 2016年11月5日より)

世界17ヶ国が参加する“がんの国際研究組織”のプロジェクトの一環として

日英米韓の研究グループがまとめた研究の成果が

米科学誌「サイエンス」に発表されました。

研究では、喫煙と関連が深いと考えられる17種類の「がん」を選び

5243例の全遺伝情報データを解析して、

喫煙者と非喫煙者を比較しました。

結果、「肺腺、喉頭、口腔、膀胱、肝臓」などの各がんにおいて、

喫煙者の方は、喫煙と強く関連する特有の遺伝子異変の増加がみられました。

数千個の変異が蓄積されると、がんの発症につながると考えられています。

煙草を毎日20本吸った場合、1年間の変異の蓄積は、

肺で150個と最も多く、次いで喉頭97個、咽頭39個、

口腔23個、膀胱で18個、肝臓で6個と推計され、

喫煙によって引き起される遺伝子の変異が、

肺のがんに、特に大きい影響を与えているという結果になりました。

<のんびりぴよこの一口コメント>

研究結果に明確に表れていますが

煙草の煙に直接接触する部分へのダメージがとても大きいですね。

肺については、多くの方が納得する結果かと思われますが、

喉頭や咽頭、口腔などへの影響の大きさについては、

改めて、怖さを感じるものでした。

ぴよこは、寿命が長いか短いかという

「期間の長さ」に囚われるのではなく

「期間の質」を大切にしたいと考えています。

そして、そこには、

人間として「食事を楽しむ」「会話を楽しむ」という項目もあります。

煙草により、食物摂取や発声に関わる器官までも害してしまうことを

家族や友人など周囲の方と再確認したいものですね。

✿こちらもみてくださいね✿

●桜川歯科医院HP(フェイスブックも掲載中!)  http://www.sakuragawa-dent.jp/

●医科・歯科連携プロジェクト  http://www.sakuragawa-shika.jp/

●石川佳和先生のビブデントブログ   http://vibdent.sakura.ne.jp/

●桜川歯科医院akoのブログ(ぴよこ担当♪) http://ameblo.jp/dsakuragawa/

✿医療法人 愛和会 桜川歯科医院 

〒030-0945青森県青森市桜川三丁目14番17号
電話 017-743-6881

誤嚥を予防し、食事を楽しむ

こんにちは。ぴよこです。(*^_^*)

雑誌や新聞、書籍から得たお役立ち情報を、

ぴよこがわかりやすくまとめて

「ピヨコの歯っぴぃ情報録」として配信しています。

あなたの生活に役立つヒントになれば嬉しいです♪

「ピヨコの歯っぴぃ情報録」

誤嚥を予防し、食事を楽しむ(朝日新聞 2016年10月9日より)

「誤嚥」は、食べ物や飲み物が喉に流れ込むスピードに

嚥下反射が対応できなくなり、誤って隣の気道に入り込むことで、

それを吐き出そうとする生体防御反応が「むせる」ことです。

嚥下に関係する喉周りの筋肉は60代から衰え始め、

70代で急低下し、「誤嚥」しやすくなります。

「誤嚥」は「肺炎」につながり、食物が肺の中まで入ってしまうと

食物と唾液に含まれた細菌によって「誤嚥性肺炎」を引き起こします。

そこで、家庭で出来る解決法として効果的なのが

食物に「とろみ」をつけることです。

「とろみ」により、口腔内で食物をまとめやすくなったり、

食べ物が喉に流れ込むのがゆっくりになるので誤嚥防止効果があります。

簡単に「とろみ」をつけられる「とろみ剤」も市販されていますが

身近で用意できるものとして片栗粉やコーンスターチを使ったり

オクラやモロヘイヤ、ジャガイモなどの野菜をすり潰して

食べ物に混ぜ合わせてることによっても「とろみ」が出ます。

<のんびりぴよこの一口コメント>

家族が食事中に「むせる」ことでお悩みの方も多いのではないでしょうか?

「肺炎」で亡くなるお年寄りは「誤嚥性肺炎」が多いそうなので、

ぜひ、上手に「とろみ」を活用してみてくださいね!

楽しく食事が出来ることは、きっと「生きる力」になるはずですから(*^_^*)

また、肺炎を引き起こす細菌を増やさないためにも、

口腔内を清潔に保つことがとても大切ですね。

✿こちらもみてくださいね✿

●桜川歯科医院HP(フェイスブックも掲載中!)  http://www.sakuragawa-dent.jp/

●医科・歯科連携プロジェクト  http://www.sakuragawa-shika.jp/

●石川佳和先生のビブデントブログ   http://vibdent.sakura.ne.jp/

●桜川歯科医院akoのブログ(ぴよこ担当♪) http://ameblo.jp/dsakuragawa/

✿医療法人 愛和会 桜川歯科医院 

〒030-0945青森県青森市桜川三丁目14番17号
電話 017-743-6881