顎の痛み

こんにちは。ぴよこです。(*^_^*)

雑誌や新聞、書籍から得たお役立ち情報を、

ぴよこがわかりやすくまとめて

「ピヨコの歯っぴぃ情報録」として配信しています。

あなたの生活に役立つヒントになれば嬉しいです♪

「ピヨコの歯っぴぃ情報録」

顎の痛み(日刊ゲンダイ 2016年11月2日より)

「顎の痛み」を引き起こす病気はいくつかあり、特徴があります。

「突然口が開かなくなり、口を開けようとすると

耳の前の顎関節が痛い。口が思うように開閉できなくなる」

という様な症状の場合は「顎関節症」の可能性が高くなります。

原因には、就寝中の「歯ぎしり」や日常的な「食いしばり」の癖、

さらに「ストレス」などが関係しており、

顎関節のクッションの役割をしている関節板が詰まって開口障害を起こしています。

対処としては、とりあえず安静にすることが肝心で

無理に開けようとして間違った方向で開けて、症状を悪化させてしまう恐れがあるので

慌てずに専門機関を受診しましょう。

自然に症状が軽くなったり、治ることもあります。

顎や頬が腫れて痛い場合は、

親知らずが細菌感染を起こした「智歯周囲炎」が考えられます。

市販薬は効かずに、ひどく腫れて歯茎から膿が出たりするので早めに受診しましょう。

抗生物質で腫れを引かせた後に親知らずを抜歯します。

下顎から頬にかけてビリビリと電気が走るような鋭い痛みが出た場合は

顔の感覚を司る三叉神経に沿って起きる「三叉神経痛」が考えられます。

「三叉神経痛」は、神経性疼痛なので市販薬は効かない上に、

脳の病気が関係していることもあるので、

受診する場合は、脳神経外科や神経内科のある総合病院がいいでしょう。

<のんびりぴよこの一口コメント>

顎が痛い場合は様々な原因が考えられるのですね。

市販薬は「顎関節症」の痛みの軽減はできますが、根本の解決にはなりません。

そして「親知らずの感染症」と「三叉神経痛」については市販薬が効かない上に

治療が遅れることで重症化してしまう恐れがあります。

顎の痛みの特徴からある程度の推測は可能だとしても、

自己判断せずに、やはり速やかに専門機関で診てもらうことが大切ですね!

✿こちらもみてくださいね✿

●桜川歯科医院HP(フェイスブックも掲載中!)  http://www.sakuragawa-dent.jp/

●医科・歯科連携プロジェクト  http://www.sakuragawa-shika.jp/

●石川佳和先生のビブデントブログ   http://vibdent.sakura.ne.jp/

●桜川歯科医院akoのブログ(ぴよこ担当♪) http://ameblo.jp/dsakuragawa/

✿医療法人 愛和会 桜川歯科医院✿ 

〒030-0945青森県青森市桜川三丁目14番17号
電話 017-743-6881

軟食 歯並びに悪影響

こんにちは。ぴよこです。(*^_^*)

雑誌や新聞、書籍から得たお役立ち情報を、

ぴよこがわかりやすくまとめて

「ピヨコの歯っぴぃ情報録」として配信しています。

あなたの生活に役立つヒントになれば嬉しいです♪

「ピヨコの歯っぴぃ情報録」

軟食 歯並びに悪影響(毎日新聞 2017年1月1日 朝刊より)

厚生労働省の歯科疾患実態調査によると

12~15歳で歯並びが良くない傾向にある子の割合が

2005年には35%でしたが、2011年には44%となり

近年、歯並びの悪い子供が増加傾向にあると言われています。

日本大松戸歯学部の葛西一貴教授は

かむ運動のパターンと歯並びの関連性を研究していますが

小学生の児童の歯並びについて

1年生から6年生に成長していく6年間の様子を調査した結果

何を食べても縦方向の動きしかみられない子は、左右の動きが身についておらず、

歯を単純に上下に動かすかみ方しか知らなければ、

小学校高学年になるにつれ歯並びが悪くなる可能性が高まると警鐘を鳴らしています。

歯の位置がほぼ決まるのは、乳歯から永久歯に生え変わる学童期で、

生え変わり始めの頃に歯並びがボコボコしていても

正しく歯を左右に動かすかみ方ができていると、自然に改善がみられるそうです。

この歯を左右に動かすかみ方は、硬いものを食べる時にみられるのですが

和洋女子大の柳沢幸江教授は、現代は軟らかい食感を生みだす脂質の摂取量と

軟らかく調理された加工食品の利用が増えており

かむ回数自体が減っていることを指摘しています。

軟らかい食べ物ばかりの食生活を続けると

成長期の子供の歯並びに悪影響を及ぼしてしまう恐れがあるので注意が必要です。

<のんびりぴよこの一口コメント>

歯並びは、生え変わりの頃に良い状態でなくても、

その後の歯の使い方次第では改善される可能性があるのですね!

確かに軟らかい食べ物は子供にとって、味や食感の面で食べやすいものが多く

好んで食べてくれるので、選択したくなります。

しかし、栄養面でバランスの良くないものもたくさんある上に

「歯並び」は健康に深く関係しているので、その形成のためにも、

成長期の子供には、様々な食感や味の経験をさせてあげて

硬いものでもいやがらずに食べるような食習慣を

自然と身につけさせてあげたいものですね!

✿こちらもみてくださいね✿

●桜川歯科医院HP(フェイスブックも掲載中!)  http://www.sakuragawa-dent.jp/

●医科・歯科連携プロジェクト  http://www.sakuragawa-shika.jp/

●石川佳和先生のビブデントブログ   http://vibdent.sakura.ne.jp/

●桜川歯科医院akoのブログ(ぴよこ担当♪) http://ameblo.jp/dsakuragawa/

✿医療法人 愛和会 桜川歯科医院✿ 

〒030-0945青森県青森市桜川三丁目14番17号
電話 017-743-6881

就寝中の食いしばり 歯ぎしり

こんにちは。ぴよこです。(*^_^*)

雑誌や新聞、書籍から得たお役立ち情報を、

ぴよこがわかりやすくまとめて

「ピヨコの歯っぴぃ情報録」として配信しています。

あなたの生活に役立つヒントになれば嬉しいです♪

「ピヨコの歯っぴぃ情報録」

就寝中の食いしばり 歯ぎしり(東京新聞 2016年10月4日より)

歯ぎしりや食いしばりなどは、歯科医療で「ブラキシズム」と呼ばれていますが

最近、この症状に悩む患者さんが増加傾向にあるそうです。

就寝中だけでなく、パソコンの作業中など神経を集中させている時でも起こり

ひどくなると、歯の表面のエナメル質とその中の象牙質が割れて

本来の半分ほどの大きさになってしまったり、

歯がひび割れて抜歯せざるを得なくなることがあります。

さらに、「ブラキシズム」は歯周病の進行を早めたり、

その顎への負担の大きさから重い顎関節症へと繋がる場合もあります。

「ブラキシズム」は、ストレスとの関連が指摘されていて

適度な「ブラキシズム」は、心理的不安の解消にもなっていると考えられていますが

過度な場合は、ストレスが多過ぎると考えられ、まずは、ストレス解消に取り組むことが大切です。

一般的な対処法としては、就寝中にマウスガードを使用することが挙げられ、

歯が保護されるので、割れたり、ひびが入ったりすることを防ぐことができます。

<のんびりぴよこの一口コメント>

歯ぎしりや食いしばりは就寝中だけの症状ではないのですね・・・(+_+)

就寝中のことでも日中の場合でも、無意識のために自覚できず、

顎の痛みや歯のすり減りなどの症状が顕在化してから

やっと事の深刻さを感じる方が多いようです。

口腔内の専門家である歯医者さんなら、異常を早期に発見できる可能性が高いので

特に不調はなくても、定期的に歯医者さんで口腔内を診てもらうことが大切ですね!

✿こちらもみてくださいね✿

●桜川歯科医院HP(フェイスブックも掲載中!)  http://www.sakuragawa-dent.jp/

●医科・歯科連携プロジェクト  http://www.sakuragawa-shika.jp/

●石川佳和先生のビブデントブログ   http://vibdent.sakura.ne.jp/

●桜川歯科医院akoのブログ(ぴよこ担当♪) http://ameblo.jp/dsakuragawa/

✿医療法人 愛和会 桜川歯科医院✿ 

〒030-0945青森県青森市桜川三丁目14番17号
電話 017-743-6881

歯以外由来の痛み

こんにちは。ぴよこです。(*^_^*)

雑誌や新聞、書籍から得たお役立ち情報を、

ぴよこがわかりやすくまとめて

「ピヨコの歯っぴぃ情報録」として配信しています。

あなたの生活に役立つヒントになれば嬉しいです♪

「ピヨコの歯っぴぃ情報録」

歯以外由来の痛み(福島民報 2016年10月31日より)

「むし歯」、「歯の神経に炎症が起こる歯髄炎」

「歯冠や歯根のひび割れ(歯の破折)」などは歯の痛みを引き起こす主な原因となりますが

歯に痛みを感じるので、歯科医院で視診、触診、エックス線検査などを実施しても

歯そのものには異常が見つからないということがあります。

このような場合の歯の痛みは「非歯原性歯痛」と呼ばれ、原因は歯以外にあり

「①関連痛によるもの②心因性のもの③原因不明」の3つに分類されます。

今回は①関連痛についての説明になります。

そもそも関連痛の定義は

「痛みの原因が、生じた部位と異なる神経支配領域に感じられる痛み」とされ

痛みが発生する源になるのは、

「顎を動かす筋肉」「心臓などの内臓」「鼻腔」「関節」などです。

その仕組みについては、まだ不明な点が多く、十分に解明されてはいませんが

脊髄のニューロンが関係しているのではないかと言われています。

胸に痛みが生じなくても、原因不明の歯痛が続いたら心筋梗塞の可能性もあるのです。

息苦しくなったり、疲れやすかったりする上に、奥歯に痛みが感じられる場合は

循環器系に問題があるかもしれませんので、

このような症状のある方は、早めに専門機関に相談してみて下さい。

<のんびりぴよこの一口コメント>

歯に痛みを感じる場合、大抵は、まず歯医者さんに相談しますが

もし、口腔内には問題がないと診断を受けたのなら

この「非歯原性歯痛」である場合のことを考慮して、放っておかずに、

速やかに専門機関で診てもらうことが大切ですね。

心筋梗塞は命に関わる怖ろしい病気なので

自分のためにも、家族のためにもぜひ「非歯原性歯痛」のことを念頭に置いておきましょう。

✿こちらもみてくださいね✿

●桜川歯科医院HP(フェイスブックも掲載中!)  http://www.sakuragawa-dent.jp/

●医科・歯科連携プロジェクト  http://www.sakuragawa-shika.jp/

●石川佳和先生のビブデントブログ   http://vibdent.sakura.ne.jp/

●桜川歯科医院akoのブログ(ぴよこ担当♪) http://ameblo.jp/dsakuragawa/

✿医療法人 愛和会 桜川歯科医院✿ 

〒030-0945青森県青森市桜川三丁目14番17号
電話 017-743-6881

歯周病 歯垢を取り除いて予防

こんにちは。ぴよこです。(*^_^*)

雑誌や新聞、書籍から得たお役立ち情報を、

ぴよこがわかりやすくまとめて

「ピヨコの歯っぴぃ情報録」として配信しています。

あなたの生活に役立つヒントになれば嬉しいです♪

「ピヨコの歯っぴぃ情報録」

歯周病 歯垢を取り除いて予防(北海道新聞 2017年1月10日より)

歯を支える骨や歯肉などの歯の周辺組織で起きる「歯周病」は

糖尿病や脳梗塞、心筋梗塞、誤嚥性肺炎、認知症など

重大な疾患につながるリスクがある大変怖い病気ですが

早期に発見できれば進行を抑えることができます。

しかし、歯周病は初期の段階では痛みがないために気づきにくく

痛みや、歯のぐらつきが出る頃には、かなり症状が進んでいます。

「歯周病」の原因は、歯や歯の隙間にできた歯垢(プラーク)に潜む細菌で

1mgの歯垢には、なんと1億個以上の細菌が住み着いていると言われています。

歯垢は歯の付け根や歯と歯肉の間に多く付着するので

歯磨きの際は、そこを重点的に磨くように意識するのが大切で

歯ブラシを斜め45度の角度で当てると毛先が歯の隙間に入りやすくなります。

また、食後すぐに口をゆすいで、食べかすを流すことも手軽にできる歯垢の予防法です。

<のんびりぴよこの一口コメント>

人間は毎日食事をするので、同じ様に毎日、歯磨きなどの口腔ケアが必要です。

そして、その積み重ねが「健康な歯」に結びつきます。

しかし、丁寧に口腔ケアをしているつもりでも磨き残しは生じてしまうことがあり、

歯垢が歯石になってしまうと、通常の歯磨きでは落とせませんので

やはり定期的に歯医者さんで診てもらうことがとても大切ですね!

✿こちらもみてくださいね✿

●桜川歯科医院HP(フェイスブックも掲載中!)  http://www.sakuragawa-dent.jp/

●医科・歯科連携プロジェクト  http://www.sakuragawa-shika.jp/

●石川佳和先生のビブデントブログ   http://vibdent.sakura.ne.jp/

●桜川歯科医院akoのブログ(ぴよこ担当♪) http://ameblo.jp/dsakuragawa/

✿医療法人 愛和会 桜川歯科医院✿ 

〒030-0945青森県青森市桜川三丁目14番17号
電話 017-743-6881

高齢者に多い肺炎

こんにちは。ぴよこです。(*^_^*)

雑誌や新聞、書籍から得たお役立ち情報を、

ぴよこがわかりやすくまとめて

「ピヨコの歯っぴぃ情報録」として配信しています。

あなたの生活に役立つヒントになれば嬉しいです♪

「ピヨコの歯っぴぃ情報録」

高齢者に多い肺炎(東京新聞 2016年11月22日より)

肺炎は肺炎球菌などの細菌やウイルスが肺に入り込んで起きる炎症で

高齢者や、インフルエンザにかかったときなど

体の抵抗力が弱まっっている状態のときにかかりやすいとされています。

日本人の死因として、がんや心疾患に次いで3番目に多いのですが、

特に高齢者がかかる率が高く、介護状態に陥る大きな原因とも言われています。

厚生労働省の人口動態統計によると、死亡総数に占める肺炎で亡くなる人の割合は

1980年代以降、高齢者の増加に伴って増え続け

2011年には、脳血管疾患を抜き死因の3位となりました。

肺炎と言っても、高齢者の場合は、病原体が自然に気管に入ってしまうことよりも

食べ物や唾液が誤って気管に入り、口の中の細菌やウイルスが

肺に運ばれて起きる誤嚥性肺炎が非常に多いそうです。

そして高齢者は一度肺炎になると、食事ができなくなることから体力が急速に低下し、

結果、飲み込む力がさらに弱まるので誤嚥を起こし、また肺炎になってしまいます。

この負の連鎖に陥ると、寿命を縮めたり、深刻な介護状態に移行しやすくなります。

高齢者の肺炎予防に即効性があるのが

口の中を清潔に保つ「口腔ケア」と「予防接種」です。

肺炎球菌ワクチンの定期接種については、65歳から5歳間隔の年齢に達する住民を対象に

市区町村が、2018年度まで時限付きで助成措置を設けて接種を呼び掛けています。

<のんびりぴよこの一口コメント>

要介護になる原因として「認知症」や「高齢による衰弱」を挙げる方が多く

「肺炎」が大きな原因の一つであるという認識はまだまだ低いそうです。

家族で肺炎の危険性について今もう一度再確認し

特に高齢者の方については、予防接種や口腔ケアを積極的に行い

肺炎にかかるリスクを少しでも減らすことができるように心掛けたいものですね。

✿こちらもみてくださいね✿

●桜川歯科医院HP(フェイスブックも掲載中!)  http://www.sakuragawa-dent.jp/

●医科・歯科連携プロジェクト  http://www.sakuragawa-shika.jp/

●石川佳和先生のビブデントブログ   http://vibdent.sakura.ne.jp/

●桜川歯科医院akoのブログ(ぴよこ担当♪) http://ameblo.jp/dsakuragawa/

✿医療法人 愛和会 桜川歯科医院✿ 

〒030-0945青森県青森市桜川三丁目14番17号
電話 017-743-6881

食べる

こんにちは。ぴよこです。(*^_^*)

雑誌や新聞、書籍から得たお役立ち情報を、

ぴよこがわかりやすくまとめて

「ピヨコの歯っぴぃ情報録」として配信しています。

あなたの生活に役立つヒントになれば嬉しいです♪

「ピヨコの歯っぴぃ情報録」

食べる(新潟日報 2017年1月11日より)

いつまでも自分の口で食事を楽しむためには、口の中が健康であることが重要ですが

そのためには「口腔内の清掃」は勿論のこと「口周りの筋力の維持と改善」も大切です。

口腔機能が衰えることは「オーラルフレイル」と呼ばれ

食べることがうまくできなくなると体力が落ちてしまうことから

「身体が衰える前段階」とも位置付けられています。

口腔機能の維持には舌や頬を動かす体操が有効で、

介護施設や介護予防教室でも取り入れられており

食事の前に行うことで誤嚥のリスクを減らす効果があります。

さらに食事に関して、高齢者の健康維持につながることとして重要なことは

食事は一人ではなく、誰かと共にするということです。

東京大研究班の調査によると独居の高齢者のうち

一人で食べる孤食の人は、誰かと共に食事をする人に比べて

女性で約1.4倍、男性で約2.7倍うつを発症しやすいそうです。

新潟県長岡市では市の社会福祉協議会が中心となり

独居や日中を一人で過ごす高齢者を対象とした定期的な会食会が

30か所以上で開かれており、近隣から大勢の参加者が集まります。

普段昼食をコンビニのパンで済ませてしまうことが多いという82歳の女性は

「家にいると決まったものになりがち。ここに来ると様々な人と話もできる」と

喜びを語っていたそうです。

<のんびりぴよこの一口コメント>

孤食でも、普段から食事をするということを大切にして

栄養のバランスをよく考えた食事をしている方もいらっしゃいますが

中には、どうせ自分一人だけの食事だからと

栄養面を二の次にしてしまった食事をしている方もいらっしゃるかもしれません。

誰かと共に食べることは、会話ができて楽しいということは勿論のこと

食事内容が普段とは違うものになることで、栄養面における改善策にもなり得るので

高齢者の心と体の健康のためにも、「共食」の機会を増やす取り組みが

各地で増えることを期待したいですね!

✿こちらもみてくださいね✿

●桜川歯科医院HP(フェイスブックも掲載中!)  http://www.sakuragawa-dent.jp/

●医科・歯科連携プロジェクト  http://www.sakuragawa-shika.jp/

●石川佳和先生のビブデントブログ   http://vibdent.sakura.ne.jp/

●桜川歯科医院akoのブログ(ぴよこ担当♪) http://ameblo.jp/dsakuragawa/

✿医療法人 愛和会 桜川歯科医院✿ 

〒030-0945青森県青森市桜川三丁目14番17号
電話 017-743-6881

味覚障害に注意を

こんにちは。ぴよこです。(*^_^*)

雑誌や新聞、書籍から得たお役立ち情報を、

ぴよこがわかりやすくまとめて

「ピヨコの歯っぴぃ情報録」として配信しています。

あなたの生活に役立つヒントになれば嬉しいです♪

「ピヨコの歯っぴぃ情報録」

味覚障害に注意を(中部経済新聞 2017年1月24日より)

耳鼻科を受診した患者さんの統計データによると

味覚障害患者が年々増えているそうですが、

他科の受診者や医療機関を受診していない方までを含めると

実際には、もっと膨大な数になると考えられています。

これは高齢者の増加が一つの要因とされ

健康な高齢者の3分の1には味覚障害があると言われています。

加齢とともに塩味などの味覚の感受性が落ちる上に

服用する薬剤の中には味覚障害や口渇などの副作用があるものが多く

また、味覚障害を直接引き起こすアルツハイマー型認知症や

脳機能障害、糖尿病などを発症している方も多いことが理由と考えられています。

味覚障害患者の94%には口腔乾燥や舌炎、カンジタ症などの

口腔症状が見られ、歯科で診てもらう必要があります。

味覚障害は、唾液量を増やすことで改善される場合があるので

十分な唾液を出すためにしっかりと咀嚼することが大切です。

◇味覚障害の自己チェック表(該当が一つでもあれば味覚障害の疑いあり)◇

   ○ 食べ物の味が感じられない。食べ物の味が変わった。

   ○ 口の中に食べ物がなくても常に味がする。

   ○ 最近、食欲がなく、食べる量が減った。

   ○ 口が渇き、食べ物がパサパサして食べにくい

   ○ 食べ物がうまく噛めない

<のんびりぴよこの一口コメント>

味覚障害には重大な病気が隠れている場合があるということなので

上記の自己チェック表で、一つでも当てはまる項目がある方は注意が必要ですね。

味に鈍くなったのは加齢のせいと決めつけたりして軽視せずに

症状がある場合は専門機関での受診をお薦めします。

✿こちらもみてくださいね✿

●桜川歯科医院HP(フェイスブックも掲載中!)  http://www.sakuragawa-dent.jp/

●医科・歯科連携プロジェクト  http://www.sakuragawa-shika.jp/

●石川佳和先生のビブデントブログ   http://vibdent.sakura.ne.jp/

●桜川歯科医院akoのブログ(ぴよこ担当♪) http://ameblo.jp/dsakuragawa/

✿医療法人 愛和会 桜川歯科医院✿ 

〒030-0945青森県青森市桜川三丁目14番17号
電話 017-743-6881

病気リスク職業で差

こんにちは。ぴよこです。(*^_^*)

雑誌や新聞、書籍から得たお役立ち情報を、

ぴよこがわかりやすくまとめて

「ピヨコの歯っぴぃ情報録」として配信しています。

あなたの生活に役立つヒントになれば嬉しいです♪

「ピヨコの歯っぴぃ情報録」

病気リスク職業で差(日本経済新聞 2017年2月9日より)

職業によって病気のかかりやすさに違いがあることが

集団健診のデータ解析から明らかにされました。

福島県立医科大学が全国健康保険協会福島支部と協力し

メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)発症の業種間格差を調べたところ

男女とも、農協などの複合サービス事業で高いという結果となり

デスクワーク中心で運動不足に陥りがちなことが原因であると考えられています。

また、岡山大学と愛知学院大学が共同で、名古屋市内で歯科検診を受けた男女の

職業ごとの歯周病の発症リスクの違いを調べた結果

男性では運輸・通信従事者が最も高く、

長時間労働や精神的なストレスの高さが原因と考えられ、

女性の場合は、口腔衛生に対する意識の高さの表れからか

職業による違いはみられませんでした。

上記のように職業間で発症リスクを比較できるようになったのは

2008年に始まった特定健診・保健指導制度の成果の一つですが

調査に当たっては、個人個人の仕事内容まで詳しく把握されておらず

全ての人に当てはまるとまでは言えないそうです。

<のんびりぴよこの一口コメント>

国民の健康診断の結果が今後さらに集積され、もっと膨大なデータとなっていけば

その解析の結果はおのずと正確性が増してゆくと思われます。

そして、いずれは調査の内容も

個人個人の状況を把握したものとすることが可能になっていくと想定され、

今後、それを活用した健康長寿のための有効策が詳細に打ち出されて

私達国民に迅速に還元されるというフィードバックが樹立することを期待したいですね!

✿こちらもみてくださいね✿

●桜川歯科医院HP(フェイスブックも掲載中!)  http://www.sakuragawa-dent.jp/

●医科・歯科連携プロジェクト  http://www.sakuragawa-shika.jp/

●石川佳和先生のビブデントブログ   http://vibdent.sakura.ne.jp/

●桜川歯科医院akoのブログ(ぴよこ担当♪) http://ameblo.jp/dsakuragawa/

✿医療法人 愛和会 桜川歯科医院✿ 

〒030-0945青森県青森市桜川三丁目14番17号
電話 017-743-6881

口腔ケア

こんにちは。ぴよこです。(*^_^*)

雑誌や新聞、書籍から得たお役立ち情報を、

ぴよこがわかりやすくまとめて

「ピヨコの歯っぴぃ情報録」として配信しています。

あなたの生活に役立つヒントになれば嬉しいです♪

「ピヨコの歯っぴぃ情報録」

口腔ケア(神戸新聞 2016年11月28日より)

口腔ケアは、うがいや歯磨き、入れ歯の清掃、舌や粘膜の清掃などの「口腔清掃(口の掃除)」と

口周囲の筋肉の運動訓練、せき払い訓練、のみ込み訓練、発音・構音訓練などの

「口腔機能回復(口の持つ能力の回復)」のことをいいます。

食事に時間がかかるようになったり、飲み込む時にむせてしまうようになったりした方には

「口腔清掃」と「口腔機能回復」の二つを組み合わせた口腔ケアがとても有効です。

また、口腔ケアは、①自分自身で行うセルフケアと②歯医者さんで行うプロフェッショナルケア

にも区分できますが、両方のケアを心掛けることがとても大切です。

①自分自身で行うセルフケア

 ・適切な歯の清掃用具を使いきれいに清掃する。

 ・バランスのよい食事をする。

 ・顔や口をよく動かし、うまくのみ込むようにする

②歯医者さんで行うプロフェッショナルケア

 ・適切な口腔清掃のアドバイスを受ける。

 ・セルフケアでは出来ない部分を清掃してもらう。

<のんびりぴよこの一口コメント>

健康に生きていくには栄養面でバランスのよい食事が大切ですが

口腔内に問題があっては、ままなりません。

そのためにも「口腔ケア」を重視して

日々自分自身で行うべきことは、日々丁寧に行い

後は、定期的に歯のプロフェッショナルである歯医者さんで

しっかりと診てもらうことがとても大切ですね!

✿こちらもみてくださいね✿

●桜川歯科医院HP(フェイスブックも掲載中!)  http://www.sakuragawa-dent.jp/

●医科・歯科連携プロジェクト  http://www.sakuragawa-shika.jp/

●石川佳和先生のビブデントブログ   http://vibdent.sakura.ne.jp/

●桜川歯科医院akoのブログ(ぴよこ担当♪) http://ameblo.jp/dsakuragawa/

✿医療法人 愛和会 桜川歯科医院✿ 

〒030-0945青森県青森市桜川三丁目14番17号
電話 017-743-6881