がん手術の歯科医師 失った舌 自ら開発

osyaberi

こんにちは。ぴよこです。(*^_^*)

雑誌や新聞、書籍から得たお役立ち情報を、

ぴよこがわかりやすくまとめて

「ピヨコの歯っぴぃ情報録」として配信しています。

あなたの生活に役立つヒントになれば嬉しいです♪

「ピヨコの歯っぴぃ情報録」

がん手術の歯科医師 失った舌 自ら開発(産経新聞 2015年10月19日 夕刊より)

岡山市にある岡山大病院で「夢の会話プロジェクト」が進められています。

これは、歯学部と工学部が協力し、

がんの治療や事故で舌を失い、会話が困難になった人でも

うまくコミュニケーションが取れるよう治療するとともに、

人工舌を使いこなすためのリハビリも実施し、

再び話せるように医療支援するというものです。

「夢の会話プロジェクト」外来は2015年9月に同大学に誕生しました。

立ち上げたのは、歯科薬理学が専門で、

東京医科歯科大などで口腔がんの新薬開発を手掛け

2014年に岡山大に教授として赴任してきた小崎健一教授です。

実は、小崎教授は赴任後すぐに「舌がんの末期」と診断され

手術により舌の4分の3を摘出しました。

そして、その後、自らが実験台となり

同大学で、噛み合わせや口腔機能を専門にしている教授と力を合わせ

「人工舌」を開発するに至りました。

話した音声信号をデジタル処理し、

聞き取りやすい音声に変換する技術の開発も進められており、

舌摘出以外でも言語障害がある人たちの支援にもつながると期待されています。

<のんびりぴよこの一口コメント>

歯科医師・がん研究者・がん患者・大学教授の4つの立場を経験し

「そんな自分だからこそ出来る事がある」と

患者さんのために前進し続ける小崎教授のたくましさに感動します。

「夢の会話プロジェクト」が多くの患者さんに再び

「話せる喜び」をもたらしてくれることを願わずにはいられません。

小崎教授!心より応援しています!

✿こちらもみてくださいね✿

●桜川歯科医院HP(フェイスブックも掲載中!)  http://www.sakuragawa-dent.jp/

●医科・歯科連携プロジェクト  http://www.sakuragawa-shika.jp/

●石川佳和先生のビブデントブログ   http://vibdent.sakura.ne.jp/

●桜川歯科医院akoのブログ(ぴよこ担当♪) http://ameblo.jp/dsakuragawa/

✿医療法人 愛和会 桜川歯科医院 

〒030-0945青森県青森市桜川三丁目14番17号
電話 017-743-6881

コメントを残す