妊娠中の口腔ケア①

おめでとうございます!

新しい命の芽生えに、心から祝福いたします^^

 

 

ママになるあなたに、また、これからママになろうとしているあなたに、ピヨコからのお願いがあります。

 

女性の体は、妊娠すると、体の外側も体調も、生活リズムも大きく変わってきます。

この変化が、歯や歯ぐきの問題を引き起こすきっかけとなり、妊娠中は特に、病気の進行が早くなり、出産後に歯に悩む女性が多いです。

また、出産後は、育児で大変!歯の治療どころではなくなってしまいます。

ですから、体が安定期を迎えたら、まずは歯医者さんへ行きましょう!!!

 

●     妊娠中にかかりやすい病気は、<妊娠性歯肉炎>

赤ちゃんができると、ホルモンのバランスが変わり、妊娠前とは違った体の変化がでてきます。

だ液の分泌量が減り、ネバネバも強くなって歯に汚れがつきやすくなります。

それに、つわりも加わって、ブラッシングもおっくうになりがちに・・・

妊娠中は、歯ぐきが炎症を起こしやすくなり、前歯部の歯ぐきがむくんだ状態になります。

さらに汚れを落とさないままにしておくと、ますます歯ぐきの状態が悪くなり、歯周病になってしまいます。

つわりの時期をすぎると、食べ物を口にする機会が増えます。

妊娠中は、むし歯や歯ぐきの病気になる条件がたくさんあります。

「子どもを産むと歯がガタガタになる」といいますよね。

確かに、栄養分としてカルシウムが胎児へ与えられますが、むしろ甘いものを食べる機会が増え、歯みがきがおろそかになり、ホルモンの変化でだ液の酸性度が高まり、むし歯になりやすい状況を作っていることを重要視しなければいけません。

無理をして、歯磨き粉をつけなくてもいいんですよ。出産後、心身ともに健康で子育てが出来るよう、妊娠中はいっそう丁寧な歯みがきを心がけましょうね^^

コメントを残す