食べる

こんにちは。ぴよこです。(*^_^*)

雑誌や新聞、書籍から得たお役立ち情報を、

ぴよこがわかりやすくまとめて

「ピヨコの歯っぴぃ情報録」として配信しています。

あなたの生活に役立つヒントになれば嬉しいです♪

「ピヨコの歯っぴぃ情報録」

食べる(新潟日報 2017年1月11日より)

いつまでも自分の口で食事を楽しむためには、口の中が健康であることが重要ですが

そのためには「口腔内の清掃」は勿論のこと「口周りの筋力の維持と改善」も大切です。

口腔機能が衰えることは「オーラルフレイル」と呼ばれ

食べることがうまくできなくなると体力が落ちてしまうことから

「身体が衰える前段階」とも位置付けられています。

口腔機能の維持には舌や頬を動かす体操が有効で、

介護施設や介護予防教室でも取り入れられており

食事の前に行うことで誤嚥のリスクを減らす効果があります。

さらに食事に関して、高齢者の健康維持につながることとして重要なことは

食事は一人ではなく、誰かと共にするということです。

東京大研究班の調査によると独居の高齢者のうち

一人で食べる孤食の人は、誰かと共に食事をする人に比べて

女性で約1.4倍、男性で約2.7倍うつを発症しやすいそうです。

新潟県長岡市では市の社会福祉協議会が中心となり

独居や日中を一人で過ごす高齢者を対象とした定期的な会食会が

30か所以上で開かれており、近隣から大勢の参加者が集まります。

普段昼食をコンビニのパンで済ませてしまうことが多いという82歳の女性は

「家にいると決まったものになりがち。ここに来ると様々な人と話もできる」と

喜びを語っていたそうです。

<のんびりぴよこの一口コメント>

孤食でも、普段から食事をするということを大切にして

栄養のバランスをよく考えた食事をしている方もいらっしゃいますが

中には、どうせ自分一人だけの食事だからと

栄養面を二の次にしてしまった食事をしている方もいらっしゃるかもしれません。

誰かと共に食べることは、会話ができて楽しいということは勿論のこと

食事内容が普段とは違うものになることで、栄養面における改善策にもなり得るので

高齢者の心と体の健康のためにも、「共食」の機会を増やす取り組みが

各地で増えることを期待したいですね!

✿こちらもみてくださいね✿

●桜川歯科医院HP(フェイスブックも掲載中!)  http://www.sakuragawa-dent.jp/

●医科・歯科連携プロジェクト  http://www.sakuragawa-shika.jp/

●石川佳和先生のビブデントブログ   http://vibdent.sakura.ne.jp/

●桜川歯科医院akoのブログ(ぴよこ担当♪) http://ameblo.jp/dsakuragawa/

✿医療法人 愛和会 桜川歯科医院✿ 

〒030-0945青森県青森市桜川三丁目14番17号
電話 017-743-6881