なぜ愛煙者は重度の歯周病にかかるのか?

hukasiimo

こんにちは。ぴよこです。(*^_^*)

雑誌や新聞、書籍から得たお役立ち情報を、

ぴよこがわかりやすくまとめて

「ピヨコの歯っぴぃ情報録」として配信しています。

あなたの生活に役立つヒントになれば嬉しいです♪

「ピヨコの歯っぴぃ情報録」

なぜ愛煙者は重度の歯周病にかかるのか?(日刊ゲンダイ 2016年9月29日より)

歯周病を悪化させるリスク要因として「糖尿病」が知られていますが

「たばこ」も注意が必要です。

歯周病にかかるリスクは、1日10本以上の喫煙で5.4倍

10年以上吸っていると4.3倍に上昇し、さらに重症化もしやすいそうです。

たばこに含まれる一酸化炭素が、血液中のヘモグロビンと結びつき

酸素の運搬能力を低下させる上に、ニコチンが血管を縮めるために、

歯肉が酸素・栄養不足になることで

歯周病菌が繁殖しやすい環境になるからです。

また、血管が収縮しているので、歯茎からの出血が目立たず

歯周病の発見が遅れてしまい重症化してしまうのです。

この様な、たばこによる悪影響は本人だけでなく、

その周りにいる家族や同僚にまで及び

吸っている本人よりも受動喫煙者の方が

歯周病リスクが高くなるという研究報告まであります。

受動喫煙の被害の進行具合は歯肉に表れ、

たばこがメラニン色素の沈着を促すので、歯肉が黒っぽく変色します。

喫煙者の親がいると、子供の歯肉の色素沈着リスクは

なんと5倍以上にまで増強してしまうそうです。

喫煙による歯周病の進行を阻止するには

「禁煙」が何よりの一番の治療法になります。

<のんびりぴよこの一口コメント>

たばこの注意点は、吸っている本人だけでなく

その周囲にまで影響が及ぶということです。

そして、血管が収縮するということは

口腔内だけでなく、身体全体の健康に大きな影響を及ぼします。

喫煙習慣のある方は、大切なご家族のために

また、その家族が大切に思っているあなたのために

今もう一度考えてみてくださいね!

✿こちらもみてくださいね✿

●桜川歯科医院HP(フェイスブックも掲載中!)  http://www.sakuragawa-dent.jp/

●医科・歯科連携プロジェクト  http://www.sakuragawa-shika.jp/

●石川佳和先生のビブデントブログ   http://vibdent.sakura.ne.jp/

●桜川歯科医院akoのブログ(ぴよこ担当♪) http://ameblo.jp/dsakuragawa/

✿医療法人 愛和会 桜川歯科医院 

〒030-0945青森県青森市桜川三丁目14番17号
電話 017-743-6881